第7回世界毛髪研究会議『最優秀賞』

By | 2013年5月4日

2013年5月4日~6日 イギリスのエディンバラで開催された第7回世界毛髪研究会議において、サラヴィオ研究チームが世界46か国、250の毛髪関連演題の中から日本の民間企業単独では初となる『最優秀賞』を受賞しました。
最優秀賞は250演題のうち7演題しか得られないたいへん名誉ある賞です。世界各国の有名大学や指折りの企業が軒を連ねる中、サラヴィオ研究チームが独自の研究開発により発表した「新規発毛活性化機構(マイクロセンサー理論)」が最優秀賞に輝きました。

世界毛髪研究会議とは
毛髪業界では最も大きく権威のある会議。世界トップレベルの科学者や世界各国の有名大学からスペシャリスト達が集結し最新の研究を評価する世界最大の毛髪学会。日本の民間企業単独の最優秀賞受賞は前例がなくサラヴィオ化粧品が日本初の受賞となる。

毛乳頭細胞(単離培養)の一次繊毛の蛍光顕微鏡観察・電子顕微鏡観察に成功

  • 一次繊毛の長さ(繊毛長)の定量解析に成功
  • 繊毛長の制御システムの構築
  • 繊毛を介したケラチノサイト(上皮系細胞)の細胞分裂増強作用を発見
  • 繊毛を介した線維芽細胞(間葉系細胞)の細胞分裂増強作用を発見
  • FGF2(塩基性線維芽細胞増殖因子)が内在性一次繊毛伸長因子である事を発見
  • 加水分解酵母エキスが繊毛を伸長する事を発見
  • 加水分解酵母エキスが線維状ミトコンドリアの量を増やす事を発見
  • 加水分解酵母エキスがミトコンドリアを活性化することを発見
  • 加水分解酵母エキスがFGF-10を増強する事を発見
  • 英国名門ケンブリッジ大学、オックスフォード大学の研究員とディスカッション!

    世界トップクラスの科学者達からメッセージをいただきました!
    医学や生物学に関連した基礎研究を行う世界最先端のイギリス国立研究所「MRC」にM-1開発チームが招かれ、ケンブリッジ大学の研究員らとワイドレンジなディスカッションを行いました。

    英語圏最古の名門オックスフォード大学へ招かれる

    世界最先端のDNAナノテクノロジー研究で名高いオックスフォード大学の研究所に招かれ、最新鋭の装置を駆使した研究や遺伝子レベルの高度な研究に関するレクチャーを受け、意見交換を行いました。

    「第二の故郷イギリスとの縁」 - サラヴィオ中央研究所所長 加世田国与士博士談 -

    私が長い間研究活動を繰り広げたイギリスでの学術発表となり、故郷へ導かれるような思いでした。学会の準備に追われる毎日の中で、「あの人は今、どんな研究をしているかな」など思い出にふけることもありました。
    世界毛髪研究会議では、いつか絶対に発表したいと思っていました。繊毛の可視化に成功し、シグナル伝達やミトコンドリアによる成果が矢継ぎ早に出て、「よし!世界を目指そう!」と毛髪会議への発表を決意したのは去年のことです。
    開催地を調べたら、なんとイギリス! 「縁」を感じました。

    今回の渡英は研究チームにとって大きな財産となります。幸運にも『ベストプレゼンテーション』という賞を受賞できたことは皆に感謝しています。研究チーム一人ひとりが夜遅くまで頑張ってきた成果です。
    2013年5月7日 サラヴィオ中央研究所 所長 加世田国与士

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です